2018年04月17日

インテリアプランニングアワード2018 受賞しました

「超絶記録!西山夘三のすまい採集帖(企画:LIXILギャラリー、制作:(株)LIXIL)」の展示デザインが、

第5回インテリアプランニングアワード2018で特別審査員賞を受賞しました。

2月に受賞したiFデザインアワードに続き、とてもうれしい知らせとなりました。

 

今回は、応募総数91作品(住宅6、商業施設35、オフィス23、教育・文化施設6、医療・福祉施設8、その他13)の中から

42作品が選定され、そこからさらに、特別審査員賞が2作品、優秀賞が7作品選出されました。

 特別審査員賞は3種類あるのですが、ジョイントセンターはこのうち2つ獲得というダブル受賞となり、

大変喜ばしい結果となりました。

 

第5回 インテリアプランニングアワード2018

http://jipa-official.org/ipa2018/resolute2018.html

 

審査講評

北川原 温賞

中村 勉賞

http://jipa-official.org/ipa2018/2018sinsa_1.html

 

 170417_IPA2018.jpg

 

 

この展示は開催期間が終了しているため展示デザインを見ていただけないのがとても残念ですが、

西山夘三の資料を所蔵している「NPO西山記念文庫」(京都)へ行くと、

デザインのポイントになっている「めくる」という展示方法の意図がちらっと垣間見えるかもしれません。

 

NPO西山記念文庫

http://www.n-bunko.org/index0.htm

※事前予約が必要です。

 

 

インテリアプランニングアワードとは・・・

このインテリアプランニングアワードは、(一社)インテリプランナー協会(JIPA)が実施しているアワードで、

デザイン性の他、環境への配慮、公共性、安全性について、また、空間構成や室内環境の計画などを審査し、

優れたインテリア作品を表彰しています。

2010年から4回(2年に1回)に渡り開催していて、今回は5回目の実施となります。

2018年02月05日

iF DESIGN AWARD 2018 受賞しました

180205_IF LOGO_1.jpg

 

この度ジョイントセンターは、世界的に知られているiFデザインアワード2018を受賞いたしました。

「超絶記録!西山夘三のすまい採集帖(企画:LIXILギャラリー、制作:(株)LIXIL)」の展示デザインが評価され、

Interior Architecture-4.01での受賞となりました。

 

 180205_01.jpg

 

180205_02.jpg

 

180205_03.jpg

Photo.Daiki Morita

 

 

 

ジョイントセンターがデザインした展示のポイントは、

資料を「重ねる」という手法を使い、

それらを来場者に「めくる」という行為で見てもらったことです。

これにより、「超絶記録!」というタイトルにもあるように、西山夘三が残した膨大な資料をできるだけ多く見てもうことができました。

 

 

 西山夘三展を企画されたLIXILギャラリーのみなさま、ありがとうございました。

この場をお借りしてお礼申し上げます。

 

 

 iF DESIGN AWARDとは・・・

ドイツ・ハノーファーを拠点とするデザイン振興のための国際的な組織、

インダストリー・フォーラム・デザイン・ハノーファー(IF)が1953年から65年に渡り主催する

世界的に定評のある賞の一つです。

プロダクト、パッケージ、コミュニケーション、サービスデザイン/UK、建築、インテリア・内装、

プロフェッショナルコンセプトの7分野で構成され、毎年優れたデザインを選出しています。

 今回は世界54か国から6401点の応募がありました。

 

 

 

2017年6月9日のブログ

http://www.jointcenter.jp/blog/2017/06/lixil.html

 

LIXILギャラりーHP

http://www1.lixil.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_003793.html

 

iF DESIGN

https://ifworlddesignguide.com/

 

2018年02月02日

わたなべデンタルクリニックが完成しました

1月下旬、いわき市にある『わたなべデンタルクリニック』様の新築物件が完成し、引渡しに行ってきました。

 

今回のクライアントである渡邉重視先生は、とても熱い思いでこの計画を立てられていました。

無事にお引渡しの日を迎えられたことに、ジョイントセンターとしても大変喜ばしい気持ちでいっぱいです。

 

渡邉先生のご要望でもあったように、

もともとあった植栽が映えるように窓を配置するなど、自然の変化を楽しみたいというコンセプトで計画が進められました。

 

外観はすっきりとモダンな印象ですが、

入り口はゆとりあるスロープが伸びていて、車いすやベビーカーでも安心なやさしいつくりとなっています。

wdc_1.JPG

 

 

患者さんの待合室は、歯医者さんにいることを忘れてしまいそうなほどリラックスできる空間です。

渡邉先生は光の陰影にもこだわりをお持ちでしたので、待合室には特注照明を置き、やわらかい雰囲気を演出しています。

wdc_2.JPG

 

 

 

wdc_4.JPG

 

 

新築にされたことを機に、新生『わたなべデンタルクリニック』がスタートされます。

ジョイントセンターも空間デザインという立場からこれからも応援させていただきます!

 

この場をお借りして、渡邉先生に感謝申し上げます。

 

 

わたなべデンタルクリニック

福島県いわき市植田中央1-12-5

TEL.0246-63-6480

http://watanabedental-clinic.com/

2018年01月01日

新年のご挨拶

180101.jpg



あけましておめでとうございます。
みなさまにとりまして、
幸多き年でありますよう、お祈り申し上げます。

2018年 戌(いぬ)年。ジョイントセンターの今年の年賀状に描いたイラストは、代表 原兆英の愛犬「チベタン・テリア」のサンブ(左)とトッキー(右)。紀元以前から存在していた古い犬種で、チベット原産の牧羊犬です。日本ではあまり頭数がいないそうで、テレビ出演をしたこともあるのですよ。

さて、
年の始めにくすりと笑顔になっていただけるように、と選定した犬のおトイレにちなんだお話をご紹介します。


むかしむかし、犬には足が三本しかありませんでした。
 三本足では歩きにくいので、犬は神さまにお願いしました。
「神さま、どうか足をもう一本増やしてください」
 すると神さまは、
「確かに、三本足では何かと不自由だな。しかし、お前の足を増やすとなると、その代りに何かの数を減らさなくてはならんのじゃ。世の中に、足の数が減っても良い物とは?」
と、腕組みして考えました。
 そして、ふと良い考えを思いついて言ったのです。
「そうじゃ、香炉(こうろ)は歩かなくても良いのに、足が四本あるぞ。よし、香炉から足を一本取って、それをお前にやろう」
 それから香炉は三本足になって、犬は四本足になりました。
 でも、いきなり四本足になった犬は、おしっこをするときにおしっこを足にかけてしまいます。
 そこで犬は、
「せっかく神さまからもらった足を、おしっこで汚しては申し訳ない。これからは片足をあげておしっこをしよう」
と、おしっこをする時は、片足をあげるようになったそうです。

おしまい

「犬が片足をあげておしっこをする理由」※福娘童話集より引用


今年も、スタッフ一同邁進いたしますので、
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

2017年12月08日

LIXILギャラリー・巡回企画展の展示デザインを担当しました (第3回)

ジョイントセンターが展示デザインを担当しているリクシルギャラリーにて、

新しい展示が12月8日より大阪でスタートしました。

 

今回の展示は『ニッポン貝人列伝-時代をつくった貝コレクション-』。

貝に情熱を注いだ近代貝類学の立役者である10名に注目し、

彼らの残した標本など数々のコレクションを通して貝の世界の魅力に迫ります。

171208_lixilgallery_1.jpg

 

 

 

今回は、外側から内側にぐるりと入り込んでいくような展示構成になっていて、

これは貝の渦巻きをイメージしています。

 そして、10人の貝人達が熱心に収集した様々な形や色の貝をご覧いただくために、

シンプルでありながらも、10人それぞれの個性を打ち出した展示デザインとなっています。

171208_lixilgallery_2.jpg

唯一の女性である山村八重子さんの展示は、ドーム型のケースを使用し、女性らしい柔らかさを

演出しています。きれいな貝がお菓子のようにも見えてきます。

 

 

 

多くのコレクションの中には、こうした貝類図鑑も展示されています。

明治に幕があいた近代貝類学で、その端緒を開いた一人である平瀬與一郎は美術にも造詣が深く、

彼が創刊した図鑑は、日本の版画技術の粋を尽くした多色刷木版画となっていてとても美しいです。

171208_lixilgallery_3.jpg

 

 

 

 日本近代貝類学の黎明期を築いた10名の列伝と厳選された彼らのコレクションが一堂に会すのは

「歴史上初めて」だそうです。

多くの方が魅了されること必至の展覧会ですので、ぜひご来場ください!

 

 

 

ニッポン貝人列伝-時代をつくった貝コレクション-

http://www1.lixil.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_003923.html

171208_lixillgallery_4.jpg

 

 

ギャラリー大阪:

☐2017年12月8日(金)~2018年2月20(火)

☐Closed:水曜日、12月30日~1月4日、2月18日

☐AM10:00~PM5:00

☐入場無料

 

ギャラリー1(東京):

☐2018年3月8日(木)~5月26(土)予定

☐Closed:水曜日

☐AM10:00~PM6:00

☐入場無料

 

企画 : LIXILギャラリー

制作 : 株式会社LIXIL

監修:奥谷喬司(日本貝類学会名誉会長)

協力 :大阪市立自然史博物館、国立科学博物館、西宮市貝類館、陸前高田市立博物館 

展示デザイン : ジョイントセンター株式会社

2017年09月14日

LIXILギャラリー・巡回企画展の展示デザインを担当しました (第2回)

ジョイントセンターが展示デザインを担当した『超絶記録!西山夘三のすまい採集帖』の巡回展が、

大阪での開催を終え、9月8日より東京でスタートしました。

大阪で多くの方々が訪れた西山夘三の企画展、ぜひみなさまお立ち寄りください!

 

 

超絶記録!西山夘三のすまい採集帖

http://www1.lixil.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_003793.html

170915_uzo.jpg

 ギャラリー1(東京):

☐2017年9月8日(金)~11月25(土)

☐Closed:水曜日

☐AM10:00~PM6:00

☐入場無料

 

 

 

そして、ジョイントセンターとして2回目の展示デザインを担当した新しい企画展が、

9月7日から大阪で始まりました。

 

 今回のタイトルは『織物以前 タパとフェルト』です。

 

現代の織物へと技術が進化する以前から伝わると考えられている「タパとフェルト」は、

当時、身近にある植物や羊毛を使い人の手を介して生み出されてきた原初の布です。

これらの実資料を合わせた60点から、不織布の魅力を紹介しています。

※ タパ・・・・・・成長の早いクワ科の樹皮を打ち延ばして作る樹皮布

※ フェルト・・・羊の毛を縮絨させ、シート状に圧縮したもの

 

170915_lixilgallery_booklet.jpg

同時にブックレットも発売になります。

人々の手で作られてきた織物以前の布の力強さや意匠を

より深く知る事の出来る本となっています。

Amazonから購入できます)

 

 

 

この展示に先駆け、初夏のある日、

染色家でありタパのコレクターでもある福本繁樹さんの京都のアトリエで、

展示の取材に同行させていただきました。

アフリカやインドネシア、赤道近くの様々な民族の方達から譲り受けたという貴重なタパの数々、

そしてそれぞれにまつわるエピソード。

初めて見聞きするタパの世界は、人の手仕事の素朴さと力強さの魅力に溢れていて、

本当にに素晴らしいものばかりでした。

アトリエのお庭では、タパの原料、梶の木も見せていただき、

タパについて勉強させていただいたのがついこの間のように思われます。

 

170915_shisatsu_1.jpg

 

170915_shisatsu_2.jpg

 

 

 

 9月スタートの大阪展示に続き、東京でも12月より巡回展示されますので、

お近くへお越しの際はぜひお立ち寄りください。

 

 

織物以前 タパとフェルト

http://www1.lixil.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_003846.html

 

ギャラリー大阪:

☐2017年9月8日(金)~11月21(火)

☐Closed:水曜日

☐AM10:00~PM5:00

☐入場無料

 

ギャラリー1(東京):

☐2017年12月7日(木)~2018年2月24(土)予定

☐Closed:水曜日、年末年始

☐AM10:00~PM6:00

☐入場無料

 

企画 : LIXILギャラリー

制作 : 株式会社LIXIL

協力 : 福本繁樹、長野五郎

展示デザイン : ジョイントセンター株式会社

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年07月11日

IPSAのオフィスデザインを担当しました

女性にとても支持されている大人気化粧品ブランドのIPSA(イプサ)。

このIPSAさんのオフィスデザインをジョイントセンターが担当しました。 

 

 

170711_ipsa_1.jpg

 

 

短いスケジュールの中でいかに効果的なデザインにするかというのが課題だったのですが、

社員の方たちのモチベーションがあがり、働きやすさを感じてもらえるオフィスになったのではないかと思っています。

 

『IPSA』といえば商品のクオリティの高さと透明感のあるシンプルなパッケージデザインが特徴なので、

ベージュやホワイトを基調としたナチュラルで有機的な雰囲気にすることで、

『IPSA』のブランドイメージがオフィスからも伝わるようなデザインを意識しました。

 

 

170711_ipsa_2.jpg

 

 

 オフィスの窓からはセントラルパークのような贅沢な景色が広がります。

ワークスペースはこの景色を活かしたプランニングにしました。

毎日この景色を見ながらお仕事ができてうらやましいです!

 

 

170711_ipsa_3.jpg

 

 

 IPSAの皆様、どうもありがとうございました!

この場をお借りしてお礼申し上げます。

 

IPSA

http://www.ipsa.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年06月17日

LIXIL BOOKLET:西山夘三のすまい採集帖

ジョイントセンターが展示デザインを担当した、

『超絶記録!西山夘三のすまい採集帖』 (6月9日のblog)は、

お蔭さまで好評をいただいているようです。

 

入り口の『超絶記録!』や会場内の一部の文字は、

釘と釘を糸で繋いでいくストリングアートでできています。

細かい作業ですが、皆さんにご協力いただきながらスタッフが頑張りました!

 

企画をされたLIXILギャラリーの皆様をはじめ、お世話になりました皆様、ありがとうございました!

この場をお借りしてお礼を申し上げます。

  

170619_gallery.jpg

 

LIXIL GALLERY 『超絶記録!西山夘三のすまい採集帖』

http://www1.lixil.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_003793.html

ギャラリー大阪

☐2017年6月9日(金)~8月22(火)

☐Closed:水曜日、8月12日~16日

☐AM10:00~PM5:00

☐入場無料

 

ギャラリー1(東京)

☐2017年9月8日(金)~11月25(土)

☐Closed:水曜日

☐AM10:00~PM6:00

 

 

 リクシルギャラリーさんで開催された展覧会は毎回ブックレットがつくられるのですが、

今回の『超絶記録!西山夘三のすまい採集帖』も6月15日に出版されました。

 住まいについての記録のほか、

漫画作品や極小文字で綴られた日記など、建築学者・建築家である西山夘三の多彩さをうかがえる一冊となっています。

ぜひご覧になってみてください。

 

170617_nishiyama_book.jpg

 

LIXIL BOOKLET 『超絶記録!西山夘三のすまい採集帖』

執筆者  五十嵐太郎、西山勝夫、住田昌二、中林浩、海道清信(敬称略)

発行所   LIXIL出版

企画    LIXILギャラリー企画委員会

編集    住友和子編集室+村松寿満子

デザイン 祖父江慎+鯉沼恵一(cozfish)

定価    本体1,800円(税抜)

http://www1.lixil.co.jp/publish/book/detail/d_86480518.html 

 

 

 

 

2017年06月09日

LIXILギャラリー・巡回企画展の展示デザインを担当しました(第1回)

みなさん、西山夘三(うぞう)をご存知ですか?

ピンとくる方は少ないかもしれませんが、実はこの方現代の私たちのすまいにとても影響を及ぼした方なのです。

 

住宅の間取りを説明するときに「2DK」や「3DK」などと今では一般的に使われていますが、

この「DK型」を生み出したのが、建築学者・西山夘三(1911-1994/明治44年-平成6年)です。

すまいを科学的に研究したパイオニアであり、

日本住宅公団に採用された「食寝分離論」の提言者として知られています。

 

この西山夘三の展覧会が、LIXILギャラリーさんにて6月9日より大阪を皮切りに、9月には東京で巡回展示されます。

今回ジョイントセンターは、こちら両会場の展示デザインを担当させていただきました。

 

この展覧会では、漫画家志望だった西山が描いたユーモラスな漫画や、

すまい調査の記録となるスケッチや図版、写真、

記録魔ぶりを窺わせる極小文字でノートにびっしり書かれた日記などが展示されます。

西山自らを実験台にした家族とのすまい遍歴なども見れるので、

私たちのくらしと照らし合わせてみるのもおもしろいですね。

世代によっては、懐かしく思う方もいるかもしれません。

 

展示デザインは、生涯積み重ねた膨大な記録の数々を、

ジョイントセンターのフィルターを通して「西山夘三の世界観」を表現しました。

 入場は無料となっていますので、

昭和の時代に、すまいについて熱心に研究した西山夘三の世界を、みなさんぜひ見に行かれてみてください!

(東京巡回の際には、またこちらのブログでご案内します)

 

 

170523_lixilgalley.jpg

ブックレットデザイン:祖父江慎さん+鯉沼恵一さん

 

 

 超絶記録!西山夘三のすまい採集帖

http://www1.lixil.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_003793.html

 

ギャラリー大阪:

☐2017年6月9日(金)~8月22(火)

☐Closed:水曜日、8月12日~16日

☐AM10:00~PM5:00

☐入場無料

 

ギャラリー1(東京):

☐2017年9月8日(金)~11月25(土)

☐Closed:水曜日

☐AM10:00~PM6:00

☐入場無料

 

企画 : LIXILギャラリー企画委員会

制作 : 株式会社LIXIL

協力 : NPO法人 西山夘三記念すまい・まちづくり文庫、西山勝夫、西山潤

展示デザイン : ジョイントセンター株式会社

 

 

 

 

 

 

2017年06月01日

デンタルデザイン 3-3

ジョイントセンターがデザインし、

まだお知らせしていなかったデンタルクリニックを3回にわけてご紹介をしてきました。

 

今現在も新築やテナントなど、数々のクリニックデザインが進行していますので、

完成しましたら、またこちらのブログでお知らせします。

 

ジョイントセンターのクリニックデザインは、表層がきれいなだけのデザインではなく、

言葉では伝えきれない先生の思いを、

空間を通して患者さまに感じてもらう、

そういった姿勢でデザインをしています。

 

46年という長い経験と新たな発想で、

これからもたくさんのクリニックデザインを生み出していきたいです。

 

詳しい情報は後日WORKSでご紹介します!

※お引渡し順 

 

 

プライベートデンタルラウンジ

東京都世田谷区等々力6-5-11 カサデリア自由が丘B1

http://jiyugaoka.dental/

※こちらのクリニックは会員制となっています。

170526_PDL_1.jpg

 

IMG_1568.jpg

▲ページの先頭へ戻る