2017年06月17日

LIXIL BOOKLET:西山夘三のすまい採集帖

ジョイントセンターが展示デザインを担当した、

『超絶記録!西山夘三のすまい採集帖』 (6月9日のblog)は、

お蔭さまで好評をいただいているようです。

 

入り口の『超絶記録!』や会場内の一部の文字は、

釘と釘を糸で繋いでいくストリングアートでできています。

細かい作業ですが、皆さんにご協力いただきながらスタッフが頑張りました!

 

企画をされたLIXILギャラリーの皆様をはじめ、お世話になりました皆様、ありがとうございました!

この場をお借りしてお礼を申し上げます。

  

170619_gallery.jpg

 

LIXIL GALLERY 『超絶記録!西山夘三のすまい採集帖』

http://www1.lixil.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_003793.html

ギャラリー大阪

☐2017年6月9日(金)~8月22(火)

☐Closed:水曜日、8月12日~16日

☐AM10:00~PM5:00

☐入場無料

 

ギャラリー1(東京)

☐2017年9月8日(金)~11月25(土)

☐Closed:水曜日

☐AM10:00~PM6:00

 

 

 リクシルギャラリーさんで開催された展覧会は毎回ブックレットがつくられるのですが、

今回の『超絶記録!西山夘三のすまい採集帖』も6月15日に出版されました。

 住まいについての記録のほか、

漫画作品や極小文字で綴られた日記など、建築学者・建築家である西山夘三の多彩さをうかがえる一冊となっています。

ぜひご覧になってみてください。

 

170617_nishiyama_book.jpg

 

LIXIL BOOKLET 『超絶記録!西山夘三のすまい採集帖』

執筆者  五十嵐太郎、西山勝夫、住田昌二、中林浩、海道清信(敬称略)

発行所   LIXIL出版

企画    LIXILギャラリー企画委員会

編集    住友和子編集室+村松寿満子

デザイン 祖父江慎+鯉沼恵一(cozfish)

定価    本体1,800円(税抜)

http://www1.lixil.co.jp/publish/book/detail/d_86480518.html 

 

 

 

 

2017年06月09日

LIXILギャラリー・巡回企画展の展示デザインを担当しました

みなさん、西山夘三(うぞう)をご存知ですか?

ピンとくる方は少ないかもしれませんが、実はこの方現代の私たちのすまいにとても影響を及ぼした方なのです。

 

住宅の間取りを説明するときに「2DK」や「3DK」などと今では一般的に使われていますが、

この「DK型」を生み出したのが、建築学者・西山夘三(1911-1994/明治44年-平成6年)です。

すまいを科学的に研究したパイオニアであり、

日本住宅公団に採用された「食寝分離論」の提言者として知られています。

 

この西山夘三の展覧会が、LIXILギャラリーさんにて6月9日より大阪を皮切りに、9月には東京で巡回展示されます。

今回ジョイントセンターは、こちら両会場の展示デザインを担当させていただきました。

 

この展覧会では、漫画家志望だった西山が描いたユーモラスな漫画や、

すまい調査の記録となるスケッチや図版、写真、

記録魔ぶりを窺わせる極小文字でノートにびっしり書かれた日記などが展示されます。

西山自らを実験台にした家族とのすまい遍歴なども見れるので、

私たちのくらしと照らし合わせてみるのもおもしろいですね。

世代によっては、懐かしく思う方もいるかもしれません。

 

展示デザインは、生涯積み重ねた膨大な記録の数々を、

ジョイントセンターのフィルターを通して「西山夘三の世界観」を表現しました。

 入場は無料となっていますので、

昭和の時代に、すまいについて熱心に研究した西山夘三の世界を、みなさんぜひ見に行かれてみてください!

(東京巡回の際には、またこちらのブログでご案内します)

 

 

170523_lixilgalley.jpg

ブックレットデザイン:祖父江慎さん+鯉沼恵一さん

 

 

 超絶記録!西山夘三のすまい採集帖

http://www1.lixil.co.jp/gallery/exhibition/detail/d_003793.html

 

ギャラリー大阪:

☐2017年6月9日(金)~8月22(火)

☐Closed:水曜日、8月12日~16日

☐AM10:00~PM5:00

☐入場無料

 

ギャラリー1(東京):

☐2017年9月8日(金)~11月25(土)

☐Closed:水曜日

☐AM10:00~PM6:00

☐入場無料

 

企画 : LIXILギャラリー企画委員会

制作 : 株式会社LIXIL

協力 : NPO法人 西山夘三記念すまい・まちづくり文庫、西山勝夫、西山潤

展示デザイン : ジョイントセンター株式会社

 

 

 

 

 

 

2017年06月01日

デンタルデザイン 3-3

ジョイントセンターがデザインし、

まだお知らせしていなかったデンタルクリニックを3回にわけてご紹介をしてきました。

 

今現在も新築やテナントなど、数々のクリニックデザインが進行していますので、

完成しましたら、またこちらのブログでお知らせします。

 

ジョイントセンターのクリニックデザインは、表層がきれいなだけのデザインではなく、

言葉では伝えきれない先生の思いを、

空間を通して患者さまに感じてもらう、

そういった姿勢でデザインをしています。

 

46年という長い経験と新たな発想で、

これからもたくさんのクリニックデザインを生み出していきたいです。

 

詳しい情報は後日WORKSでご紹介します!

※お引渡し順 

 

 

プライベートデンタルラウンジ

東京都世田谷区等々力6-5-11 カサデリア自由が丘B1

http://jiyugaoka.dental/

※こちらのクリニックは会員制となっています。

170526_PDL_1.jpg

 

IMG_1568.jpg

2017年05月20日

デンタルデザイン 3-2

ジョイントセンターがデザインしたデンタルクリニックで、

こちらのブログでまだお知らせしていない物件を前回に引き続きご紹介します。

 

詳しい情報は後日WORKSでご紹介します!

※お引渡し順 

 

 

紀尾井町プラザクリニック

東京都千代田区紀尾井町3-12 紀尾井町ビル2F

http://www.kpc-biyou.jp/

170523_kiocho_1.jpg

 

170523_kioicho_2.jpg

 

 

All-on-4 CLINIC

東京都中央区銀座2-8-12 ユニデン銀座ビル3F

03-6264-4456

http://www.all-on-4.world/

170523_allon4_1.jpg

 

170526_alion4_3.jpg

 

2017年05月20日

デンタルデザイン 3-1

すっかり初夏の陽気で、気持ちのいいお天気が続いています。

 

これはひと月ほど前に飾った椿です。

写真ではわかりにくいのですが、花の直径が10cmほどもある大きくてきれいな椿でした。

木製の花器は、ジョイントセンターオリジナル「 IKI 」シリーズ。

浅いので、水面を見せて涼しげに、これからの季節にぴったりです。

1704_flower.JPG

 

 

 

ジョイントセンターでは色々なデンタルクリニックデザインを手掛けていますが、

今回はまだご案内していないクリニックを、まずは3物件ご紹介します。

詳しい情報は後日WORKSでご紹介します!

※お引渡し順 

 

 

青山アール矯正歯科 3F

東京都港区南青山1-15-2 越山ビル2F

03-3746-4180

https://www.aoyamar.jp/

170521_aoyama_1.jpg

 

170521_aoyama_2.jpg

 

 

横浜フォルテ矯正歯科

神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町2-24-1 谷川ビルディングANNEX4F

045-620-6552

http://www.forte-dental.jp/

170521_yukohama_1.jpg

 

170521_yokohama_2.jpg

 

 

九段デンタルクリニック

東京都千代田区九段南2-4-13 1F

03-6265-6075

http://kudandental.com/

170522_kudan_2.JPG

 

170522_kudan_3.jpg

 

 

そのほかの物件も次回のブログでご紹介します。

 

2017年05月12日

ZOOM写真展

170512_01.jpg

ジョイントセンターが創業したのが45年前。その頃から完成した空間を撮影してくださっている白鳥美雄さん主宰の写真事務所、ZOOMの写真展オープニングにお邪魔してきました。
白鳥美雄さんの他に、共同主宰者の淺川敏さん、ZOOMスタッフさん、ZOOM OBの方、合計9名の出展。それぞれの個性が光り、大変面白く刺激的な展示でした。

170512_02.jpg
(写真は手前右から 白鳥美雄さん、原兆英、原成光)

インテリア雑誌の黎明期といわれる頃から現在も引き続き、お互いに刺激を受けながら仕事をしてきたご縁から、2015年六耀社から出版されたジョイントセンターの作品集『ジョイントセンターの空間デザイン』の中で、原稿を書いてくださいました。
これからもファインダー越しにジョイントセンターの空間デザインを見続けてください。私たちもますます頑張ります!

写真展へ、ぜひ足をお運び下さい。

ZOOM写真展
会期:2017年5月12日(金)〜14日(日)
時間:11:00-19:00(最終日は17:00まで)
会場:DESIGN小石川(東京都文京区小石川2-5-7 佐佐木ビルB棟2階)


2017年02月15日

Valentine's Day

Valentine's Day

ジョイントセンターでは、女性スタッフから男性スタッフへ、

日頃の感謝の気持ちを込めて毎年チョコレートをプレゼントしています。

 

「今年はどこのお店にしようか?」

と、考えるのも楽しみだったりしています。

 

いつもはあれこれ迷いながら吟味していくのですが、

今年は初めから、ここ!と決めていました。

 

アンヴデットのお菓子です。

 

170214_valentine.JPG

 ※リボンは自分たちで付けてみました

 

ジョイントセンターがインテリアをデザインしたというご縁もありますが、

パティシエの森さんが作られるお菓子はどれもおいしいので

男性スタッフも喜んでくれたようです。

 

さて、3月14日が今から待ち遠しいですね。

 

 EN VEDETTE (アンヴデット)

東京都江東区三好2-1-3

03-5809-9402

http://envedette.jp/

 

 

 

 

 

 

2017年01月01日

新年のご挨拶

170101.jpg
あけましておめでとうございます。
みなさまにとりまして、
幸多き年でありますよう、お祈り申し上げます。

2017年 酉(とり)年。ジョイントセンターの今年の年賀状に描いたイラストは、
「とり年生まれ」という日本のむかしばなしにちなんでいます。ここで、「とり年生まれ」のおはなしをご紹介します。


「とり年生まれ」

むかしむかし、あるところに、吉四六さんという、ゆかいな人がいました。
 吉四六さんの村の庄屋さんは、たくさんのニワトリを飼っていますが、ニワトリを放し飼いにするので村人たちはすっかり困っていました。
「また、庄屋さんとこのニワトリが、家の野菜畑を荒らしたぞ」
「こっちは、ほしもみが食われてしまった」
 そこで村人たちが集まって、庄屋さんの所へ文句を言いに行ったのです。
「庄屋さん、ニワトリの放し飼いは止めて下され」
 すると庄屋さんは、平気な顔で、
「わしは、酉年(とりどし)生まれだから、ニワトリだけは大事に飼わなければならんのでな」
と、言って、放し飼いを止めようとしません。
 そんなある時、このニワトリが吉四六の野菜畑に入って、大根の葉をすっかり食い荒らしてしまいました。
「ああっ、家の大根が!」
 怒った吉四六さんは大きな草刈りがまを振り上げて、畑を荒らす十羽のニワトリを殺してしまいました。
 それを知ったおかみさんは、びっくりです。
「お前さん、大変な事をしてくれたねえ。庄屋さんに、何と言ってあやまりに行ったらいいんだい?」
「なあに、任せておけ。それより今夜は村の衆を呼んで、鳥料理のごちそうだ」
 吉四六さんは、平気な顔で言いました。

 さて次の朝、吉四六さんは大がまを振り上げて、庄屋さんの家に飛び込みました。
「もう、我慢ならねえ! 村の衆に代わって、庄屋さんの首をもらいに来た!」
「こら、吉四六! それは何の事だ!?」
「おめえさまを生かしておけば、村の衆の命が危ねえからだ」
「命が危ない? そら、一体どうして?」
「庄屋さんとこじゃ、ニワトリを放し飼いにしとるだろうが!」
「そ、そりゃ、わしが酉年の生まれだから、ニワトリを」
「それだ! だからおら、おめえさまの首を切りに来たんだ。村の衆の命が危ねえ」
 吉四六さんは、大がまを振り上げて言いました。
「ま、待ってくれ、吉四六。ニワトリの放し飼いが、何で村の衆の命に?」
「そら、庄屋さん、考えてもみなされ。
 みんなが自分の生まれ年のけものを放し飼いにしたらどうなるか。
 お前さまは酉年だからまだいいが、村の中にはトラ年生まれも、竜年生まれもいる。
 トラや竜を放し飼いにしたら、村の衆の命はどうなる?!」
 吉四六さんは一段と高く、大がまを振り上げました。
「わかった、わかった。
 放し飼いはやめるから!
 いや、もう二度とニワトリは飼わないから!
 だから、かまを下ろしてくれ!」
 庄屋さんは吉四六さんに、ぺこぺこと頭を下げて頼みました。
「そうか。村の衆の命が危ねえから、ニワトリ十羽の首はもらったが、庄屋さまの首は止めとするか」
 吉四六さんはそう言うと、振り上げた大がまを下ろして引きあげて行きました。

おしまい

とり年生まれ」※福娘童話集より引用


今年も、スタッフ一同邁進いたしますので、
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

2016年09月30日

アンヴデット引渡し

先日、ジョイントセンターがデザインをしたケーキ屋さんの引き渡しに行ってきました。

 

場所は清澄白河、

お店の名前は「EN VEDETTE  アンヴデット」

(フランス語で主役という意味)

オーナーは森 大祐さんです。

森さんはロイスダール、グランドハイアット東京の他、パリのモワザンではシェフパティシエとして勤務され、

最近では本を出版されたり、NHKやその他のテレビでもご活躍されている、今注目のパティシエです。

 

「日本人ならではの繊細な手仕事を感じるお店にしたい」

という森さんの思いから、店内のインテリアには洋菓子店でありながら畳を使用したり、

森さんのご出身でもある岐阜県の美濃和紙を使用した特注照明が飾られています。

 

10月末にオープンを迎えるアンヴデットさん。

ブルーボトルコーヒーのオープンなどで話題になった清澄白河で、

大注目のお店になりそうです!!

オープンの様子はまたブログでお知らせします。

 

私たちジョイントセンターもオープンを心待ちにしています♪

 

160930_アンヴデット.jpg

 

 

2016年07月21日

額装のプロフェッショナル

160921_01.jpg
医師の先生方みなさんがお持ちのサーティフィケイト(証書)の展示もコーディネートしています。
フレームとマットをインテリアデザインと合わせて、様々なデザインのサーティフィケイトを統一しています。額装は、ART FRONT GALLERY(アートフロントギャラリー)さんに依頼して、絵画専門の額装屋さんが作業をしてくださいました。
水平器を使ってまっすぐに、且つ壁面にぴったりと設置していますので、非常に美しい仕上がりです。

160921_02.jpg
細部の気遣いが、空間の美しさ、心地よさにつながります。


▲ページの先頭へ戻る