2013年1月

2013年01月22日

今だけ ここだけの表現展

130122.jpg

写真展のお知らせです。
EOS学園が開催する写真展に、ジョイントセンター代表 原 兆英が出品しています。
お近くにお越しの際は、是非お立ち寄りください。

期間:2013年1月25日(金)〜31日(木)(日曜会館 入場無料)
会場:富士フォトギャラリー新宿 →ギャラリー情報はこちら
所在地:東京都新宿区新宿1-10-3 太田紙興新宿ビル1F

2013年01月01日

新年のご挨拶

130101.jpg

新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年も更なる飛躍を目標に日々邁進してまいりますので
どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

ジョイントセンターの今年の年賀状に描いたイラストは、巳年のヘビにちなんだ日本のむかしばなし「たのきゅう」をモティーフにしています。

「たのきゅう」のあらすじをご紹介します。

「たのきゅう」という名の旅芝居の役者が、
病気の母に会いに山道を行く途中、ひとりのおじいさんと出会います。
実はそのおじいさんは人間を食うといわれている大蛇が化けていたのです。

大蛇は、たのきゅうに名前を聞いたのですが、
たのきゅうをたぬきと聞き間違えてしまいました。
たぬきが人間に化けていると勘違いした大蛇は、
たのきゅうに化けてみろと言いました。

たのきゅうは役者ですから、化けるのはお手のものです。
つづらの中から衣装やかつらを引き出すと、
あれこれと見事に化けてみせました。
すっかりたぬきと信じた大蛇は、
「タバコが一番苦手」と、
たのきゅうに自分の弱点を教えてしまったのです。

たのきゅうは急いで山を下りると、村人たちに大蛇の苦手を教えました。
村人たちのタバコ攻撃に怒った大蛇は、
たのきゅうが「小判が苦手だ」と言ったのを思い出し、
仕返しをしにたのきゅうの家に向かいます。

山ほどの小判を家に投げ入れられたたのきゅうはそのお金で良い薬を買い、
母の病気はすっかり治ったということです。

めでたしめでたし。
▲ページの先頭へ戻る