2013年5月

2013年05月31日

下北沢せきにし歯科医院 引渡し

130531.jpg

東京・下北沢の下北沢せきにし歯科医院 新装工事が無事に完了し、先日5月13日に引渡しを迎えました。

下北沢せきにし歯科医院 院長 関西一史先生は現在32歳。ジョイントセンターに今まで設計をご依頼いただいた、たくさんのドクターの中で最年少です。
ベテランのドクターだけでなく、若いドクターからもこうして設計のご依頼をいただく機会が増え、年代関係なくジョイントセンターのデザインをご理解いただけていることを、本当に幸せに思います。

今回のプロジェクトをジョイントセンターにご依頼いただいた下北沢せきにし歯科医院 院長 関西一史先生をはじめ、施工を担当してくださった美留土 曽我部さん、照明計画のフジコー 井口さん、ディーラーのケーオーデンタル 田中さん、ここでは書ききれませんがたくさんの方のご協力をいただき、完成した歯科医院です。みなさま本当にお疲れさまでした。そして、ありがとうございます。

待合い空間のあり方を、新しい考え方をもとに構築し、かたちにした空間は、今までにない軽やかさがあります。先日撮影した竣工写真があがってきたら、ジョイントセンターのホームページにアップしますので、どうぞ、お楽しみに!

2013年05月15日

最優秀賞受賞お祝い申し上げます!

ジョイントセンターが設計を担当させていただいた、東京都港区の青山アール矯正歯科さん(2006年5月8日竣工)から嬉しいニュースが届きました。

世界各国(13カ国)からノミネートされた症例の中から治療前、治療後の臨床情報のみから公正な投票によりトップ3が選ばれる「Invisalign Peer Review Award」。このアワードで、2012年・2013年の2年連続で青山アール矯正歯科 院長 佐本 博先生が最優秀賞を受賞されました。

Invisalignとは、米国のアラインテクノロジー社が開発した矯正器具で、透明なマウスピースで歯を矯正する、矯正治療方法のひとつです。

日本人初受賞、しかも2年連続とのことで、まさに前人未到の快挙であられることを、ジョイントセンターのことのように非常に誇らしく思っております。

世界から注目されるドクターとして、今後もさらなるご活躍をお祈りいたします。
この場を借りて、お祝い申し上げます!

▲ページの先頭へ戻る