メディア掲載

2016年06月01日

【雑誌掲載】「商店建築 6月号」に掲載されました

5月28日発売の『商店建築 6月号』の特集「クリニック&メディカルスペース」に、

ジョイントセンターがデザインをさせて頂いた『横浜フォルテ矯正歯科』さんが掲載されました。

 

商店建築 2016年6月号

160531_shouken.jpg

 

横浜フォルテ矯正歯科

受付待合い

165031_yokohamaF_2.jpg

 

診療スペース

160531_yokohama_3.jpg

 

2016年1月、横浜駅からほど近いビルに移転したクリニックは、

幅広い年代が来院することを考慮し、凸凹のソファーや壁タイルをラフに仕上げるなどしてカジュアルな空間づくりを心がけました。

ただし、材料の選定や家具のクオリティにこだわることで、カジュアルでありながらも軽い印象にならないよう配慮しました。

 

 

 

 

商店建築 6月号 P124「CLINIC&MEDICAL SPACE」

http://www.shotenkenchiku.com/products/detailp.php?itemid=1891

 

WORKS クリニック 横浜フォルテ矯正歯科

http://www.jointcenter.jp/works/interior_construction/clinic/post_448.php

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2016年01月07日

歯科医院デザインアワード2016を受賞しました!

2016年がスタートしてまもなく、ジョイントセンターにとってもうれしい報告がありました!

 

日本歯科新聞社主催の『歯科医院デザインアワード2016』で、

Endo Natural Dental Officeさんと、インテリアデザインを担当したジョイントセンターが準グランプリを受賞しました!!

 

160107_shikaiinAW2016_3.JPG

賞状が届きました

 

 160107_shikaiinAW2016_1.JPG

日本歯科新聞社『アポロニア21・1月号』に掲載されています。

HP http://www.dentalnews.co.jp/info/design2016_2.html

 

 

 このアワードの特徴は、

きれいなデザイン性だけではなく、その医院が追求したい社会的な存在意義を重視されおり、

空間の使い方や動線、診療のしやすさ、患者さんへの配慮、デザイン性のほか、院長とデザイナーとの間にコンセンサスが取れているかという事が選考基準となっています。

そして受賞となった主なポイントは、

●設計者が歯科医院の流れ、使い勝手を熟知していると思われる工夫が随所にみられる。

●本物にこだわった院長の思いを真摯に受け止めた素材の使い方、丁寧な設計。

という事が評価されたそうです。

ジョイントセンターのクリニックデザインは、『院長の思いを空間で表現すること』を大事に考えているので、院長である遠藤先生の思いを伝えられたことが評価され、とても喜ばしく思いました。

 

160107_shikaiinAW2016_5.jpg

Endo Natural Dental Office (相模原市橋本)

 HP http://www.endo-natural-dent.jp

 

院長である遠藤先生とは開院に向け様々なお話をさせて頂きましたが、患者さんと真摯に向き合いたいという思いを強くお持ちでした。

そして2014年の開院以来、それを色々な形で前向きに表現し続けており、掲げられている目標をかなりのハイペースでクリアされていらっしゃいます。

 

ジョイントセンターもしっかりと見習い、このうれしい報告から始まった2016年も元気よく頑張っていきたいと思います!!

 

 

 

 

 

 

 

 

2014年12月05日

『草月 2014年冬号』に代表のコラムが掲載されました

今年もジョイントセンターに千両を飾る季節が訪れました。

この千両の真っ赤な実を見ると、「冬がやってきたなぁ」と感じます。

ジョイントセンターでは季節に合わせてディスプレイを変えているのですが、

こうして花を飾って四季の変化を楽しむこともあります。

 

sougetsu-1.JPG

 

さて、花と言えばいけばなが思い出されますが、先日ジョイントセンター代表の原が草月の季刊誌『草月・2014年冬号』

の『場に行ける 冬の空気をかえる花』という特集の中で、インテリアデザイナーとしての立場からコラムを

掲載させていただきました。花が生きる空間や空間をどのようにとらえたら心地よくなるかなどをお話しています。

草月創始者の蒼風が『いけばなは生きている彫刻である』と提言したことにもあるように、

花とインテリアは切っても切れない繋がりがあります。

 

sougetsu-2.jpg

『草月・2014年冬号』

 

sougetsu-3.JPG

コラム『空間に融合してこそ花はいきる』

 

草月は現在、国内49支部のほか、海外にも120の支部とスタディグループというものがあるそうです。

この『草月 2014年冬号』は各支部の師範や生徒さんにも読まれており、

内容はワダエミさんや坂本龍一さん、江國香織さんなど文化人の方々の記事も載っていて

とても充実されています。

 

草月は今では誰もが知る流派ですが、創始者である勅使河原蒼風がそれまでのいけばなに

『個性』を尊重し自由な表現を求めたことから、1927年に始まりました。

また、マッカーサー元師夫人や米軍将校夫人にも指導されたそうで、創始当時外国の方からの興味も誘ったようです。

 

そもそもいけばなの起源は仏教と共に伝来した供花や、神を招く依り代として常緑樹を立てて花を飾った

日本古来の風習から来たものとする説があるそうです。

その後、日本独特の文化が創り出された室町時代に武士の手によって立花が作りだされ、

安土桃山時代に千利休によって大成された茶の湯から茶花が生まれます。

いけばなは桃山時代から江戸時代にかけて大きな発展を遂げますが、

その後様々な流派が誕生し、ここで家元制度ができました。

 

そして明治時代初期の文明の時代には、時代に合わないものとして衰退していきますが、

明治になって西洋の草花が栽培されるようになるとそれをいけばなに取り入れた盛花が誕生し、

新しいいけばなとして現在に至ります。

 

草月が今現在でもこうして時代や国を超えて多くの方々に引き継がれている所以は、

伝統を守りつつも時代の変改に順応し、各々の個性を大事にしていくところにあるのかなぁと個人的に考えてみました。

当たり前のように知っているものでも、その歴史を辿ってみると面白いですね。

 

※今回『草月・2014年冬号』の記事をお見せすることはできませんが、一般の方にも販売されているそうなので、

興味のある方は是非ご覧になってみてください。

詳しくは草月文化事業㈱出版部(03-5411-3100)まで直接お問い合わせください。

http://www.sogetsu.or.jp/order/commodity/magazine/

 

※一部内容については草月のHPを参考にさせて頂きました。

 

 

 

 

 

2014年04月30日

【書籍掲載】現代日本の建築 VOL.5

代表 原兆英が、

「現代日本の建築 VOL.5」に掲載されています。

 

cover_arch5-231x299.jpg

 

http://www.artbox-int.co.jp/artboxj/index.php/component/content/article/1258.html

2014年03月29日

雑誌掲載のお知らせ

「商店建築」2014年4月号に

カルチュア・コンビニエンス・クラブ本社オフィスが掲載されました。

 

140329商店建築.jpg

 

「社員の意識向上&コミュニケーションを促すオフィス空間のアイデア集」

インタビューも掲載されています。

 

 

2014年03月01日

【書籍掲載】THE BEST OF NEW OFFICES 2013

ジョイントセンターが設計させていただいたCCC本社オフィスさまが、受賞オフィスとして

「THE BEST OF NEW OFFICES 2013」に掲載されています。

 

本表紙.jpg

 

何を目的として今回のオフィスリニューアルに至ったのか、

また空間だけでなく働き方をもクリエイティブな会社にするため、どのようにプランを立て

計画していったのかetc、詳しい解説がされています。

 

 

また、特集企画「受賞オフィス 5年間の変遷」の中には、

過去にジョイントセンターが設計をさせていただいた

アマナT-2オフィスさまも取り上げられています。

ぜひ一度、ご覧ください。

2014年02月17日

【誌面掲載】デンタリズム No.17に掲載されます

 

 

「Dentalism(デンタリズム)」SPRING 2014 No.17に、

やよい歯科医院さまとジョイントセンターが掲載されます。

 

デンタリズム表紙.png

 

デンタリズム記事.png

 

 

歯科医院の建物にフィーチャーし、紹介するという企画で取り上げていただきました。

フリーマガジンとして、全国の歯科医院さまとその関連事業者さまを対象に

70,000部が送付されるそうです。

 

ご覧になった方は、ぜひチェックしてみて下さい。

2013年11月02日

雑誌掲載のお知らせ

「新建築」 2013年11月号に、ジョイントセンターが設計させていただいた

カルチュア・コンビニエンス・クラブ本社オフィスが掲載されました。

 

SK00017454_cover.jpg

 

 

弊社デザイナーによる解説や、

ジョイントセンターの手掛けた空間で、社員の方がいきいきと働いている様子が掲載されています。

  

新建築社のHPからも、内容を少しだけご覧になれます。

新建築社Online

2013年03月18日

雑誌掲載

アマナグループ 天王洲オフィスを紹介していただきました。

130318showken.jpg

「商店建築」2013年3月号(商店建築社)

2012年12月01日

カタログ掲載

121203.jpg

TOTO株式会社のグループカンパニーで、世界の最新水回り商品を輸入・販売するセラトレーディングのカタログに、ジョイントセンターが設計を担当させていただいた、紀尾井町プラザクリニックと青山アール矯正歯科を紹介してくださいました。

カタログの中で、ジョイントセンター代表 原 兆英が、ジョイントセンターが考える水回りのデザインについて語った記事も掲載していただいております。

▲ページの先頭へ戻る