2020年1月

2020年01月15日

インテリアプランニングアワードの審査委員に就任しました

ジョイントセンターの代表 原 兆英が、インテリアプランニングアワードの特別審査委員に就任いたしました。さっそく、今年開催予定の『第6回インテリアプランニングアワード2020』から審査委員を務めさせていただきます。

 

このアワードは、日本インテリアプランナー協会(JIPA)が主催しており、2010年にスタートしました。2年に一度行われるこのアワードは今年で6回目の開催となり、毎回多くのインテリア作品が応募されています。『空間構成や室内環境』の他、『デザイン性・環境への配慮・公共性や安全性』などの視点から優秀作品が選出され、ジョイントセンターもこれまでに5回受賞しています。

 

ジョイントセンターがスタートした1970年代は、空間デザインはまだまだ一般的ではありませんでした。ところが現代では人々の意識も大きく変わり、空間デザインの位置づけがとても重要視されるようになり、『おしゃれ』な空間が当たり前の世の中になってきました。

最近では国連で共通目標として『SDGs』が示されましたが、この考えが空間デザインにも徐々に浸透していくかもしれません。

 

デザイナーとして様々な時代を見てきた原の視点で、多くの作品に出合えることを楽しみにしていますので、たくさんのご応募をお待ちしております!

 

 

JIPA(日本インターネットンテリアプランナー協会)

http://jipa-official.org/index.html/

 

インテリアプランニングアワード2020

http://www.jipa-official.org/ipa2020/

2020年01月01日

2020年 新年のご挨拶

年賀状.jpg



あけましておめでとうございます。
 

東京オリンピックイヤーの今年、みなさまにとりまして、

幸多き年でありますようお祈り申し上げます。


ジョイントセンターの年賀状に描いたイラストは、干支にちなんだ物語をモティーフにしています。

日本のむかしばなし「ねずみのすもう」のあらすじをご紹介します。


むかしむかし、あるところに、まずしいけれど、心のやさしいおじいさんとおばあさんがいました。


ある日のこと、おじいさんがいつものように山へ行くと、


「ハッケヨイ! ノコッタ、ノコッタ」


と、いう声がきこえてきます。


「はて、なんの声だろう?」


おじいさんがのぞいてみると、二匹のネズミがすもうをとっていました。


「あれは、うちのやせネズミと、金もちの家のふとっちょネズミだ」


おじいさんの家にすんでいるやせネズミは、力がないため、なんどやっても、ふとっちょネズミにまけてしまいます。
おじいさんは家にかえると、おばあさんにネズミのすもう話をしました。


「あれじゃあ、かわいそうだ。なんとかして、うちのやせネズミに、かたせてやりたいねえ」


するとおばあさんが、


「それじゃあ、うちのやせネズミに、おもちを食べさせてやりましょうよ。きっと、力がつきますよ」


「そうじゃ、それがええ」


おじいさんとおばあさんは、さっそくおもちをついて、やせネズミのすんでいる穴に、ころがしてやりました。
さて次の日、やせネズミとふとっちょネズミは、またすもうをとりました。
でも、今日はおじいさんの家のやせネズミが、なんどやっても、すもうにかつのです。
ふしぎに思ったふとっちょネズミが、やせネズミにたずねました。


「やせネズミくん、どうしてきゅうに、つよくなったんだい?」


やせネズミは、とくいそうにいいました。


「えへへへっ、じつはね。きのう、おじいさんとおばあさんがおもちをくれたんだ。だから力がつよくなったんだよ」


「いいなあ、ぼくの家はお金持ちだけど、ケチだから、おもちをついてくれないんだ」


「それなら家へおいでよ。おじいさんはきっと、こんやもおもちをついてくれるから、きみにもはんぶん、わけてあげるよ」
「ほんとうに! うれしいなあ」


それをきいたおじいさんは、二匹分のおもちをネズミの穴に入れてやり、おばあさんは二匹のネズミに小さなまわしをぬってあげました。
家にかえった二匹のネズミは、おもちとまわしを見つけて大よろこびです。
よろこんだふとっちょネズミは、おみやげにもってきた小判を、おじいさんとおばあさんにあげたので、おじいさんとおばあさんはお金もちになりました。


まずしくても、やさしい心をもって、人にしんせつにしてあげれば、いつか、きっと、しあわせがやってきます。

 

 


※福娘童話集〜きょうの日本昔話〜より引用

 
 
 
 
 今年も、スタッフ一同邁進いたしますので、
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
 
ジョイントセンター㈱
スタッフ一同

▲ページの先頭へ戻る